あらゆる災害から守る、絶強の家 コンクリート住宅「パルコン」

童話「三匹の子ブタ」において、
「家」は雨露を凌ぐだけではなく様々な厄災から
生命や財産を守ってくれる象徴的な存在です。
目先にとらわれず、手間暇かけても
丈夫な家に住むことが大切であると
教えてくれています。
自然災害が多発する日本では、
いつ災害に見舞われるかわかりません。
どのような災害が襲ってきても、
「家の中にいれば安心」と思えることが大切です。
“絶強”の家「パルコン」は、
コンクリート住宅だからこその “揺るがない強さ”
大成建設から受け継がれ続ける “誇れる技術”
多くの災害に耐え抜いてきた “確かな実績”
により、いくつもの家族の笑顔を支えてきました。

想像を絶する強い家。コンクリート住宅「パルコン」
大成建設ハウジングは
「強さに、暮らす。」安心をお届けします。

童話「三匹の子ブタ」に学ぶ家づくりの教訓

「三匹の子ブタ」が我が家としてそれぞれに、
ワラ、木、レンガの家を造って暮らしていた。

拙速に造ったワラと木の家は、子ブタを食べようと襲ってきたオオカミによる
突風や体当たりの衝撃で簡単に破壊されてしまうが、
レンガの家はビクともせず、家の中にいた子ブタが逆にオオカミを撃退する。

「目先にとらわれず手間暇かけても丈夫な家に住むことによってこそ、
命と財産が守られる」という教訓を伝えている童話。

「絶強」の理由はこちらから